FC2ブログ

一発 株屋

株式投資の入門と実践の解説

FXならマネーパートナーズ 

『マネーパートナーズのパートナーFX』





今回ご紹介するマネーパートナーズ社は、ヘラクレスに
上場の会社で、勿論、あなたの資産は信託口座による
分別管理をされており、万が一の場合には信託会社から
資産が戻る仕組みになっています。

インターネット取引の場合には手数料が無料です。

また、ドル円のスプレッドが3銭なので、利益を受け取る
場合に非常に有利(手数料が少なくて済みます)となります。

レバレッジも最大50倍までのスタンダードか最大100
倍までのハイレバレッジコースまで用意されており、初心者
からデイトレーダまで幅広い投資家のニーズに対応できて
います。

また、24時間の電話対応も安心材料です。

更に、最新のハイパーチャートが提供されますので、取引の
タイミング分析に大いに役に立ちます。

オンラインセミナーも開催されているので、これから開始したい
という方にはとっても有難いサービスといます。

是非ご検討ください。

注目の外国為替取引は

>>【 パートナーズFX 】からスタート!


[ 2008/04/08 22:35 ] FXのお知らせ | トラックバック(-) | コメント(-)

帝王投資:日経225ミニで1億円を目指しましょう! 

後藤寛の帝王投資


もし、あなたが株式投資でお金を儲けよう
としているなら、このサイトはあなたが今まで
見た中で、最も重要なサイトです。


その理由は?

何故なら、これは株式投資のプロの極意が詰まった DVD、マネをするだけで
年率400%以上を叩き出す銘柄配信サービスが1か月分、そしてそれに付随
する疑問点などを解決してくれるコンサルティングサービスという徹底した
サポートがついてくるからです。

あなたはこれで勝ち組投資家に変貌し、好きなだけ投資で儲けることが可能
になります。

題して・・・


goods


この商品は株式投資の専門家で、投資スクールの先生で、本の著者である、
後藤寛(注)の、日系225ミニのシグナル配信サービスとそのストラテジーが
詰まったDVDのセットです。

後藤寛が11億円もの運用を10年間重ね、検証した最高峰のシステムトレード
シグナル(売りまたは買い、そしてストップロス設定など)の配信が1ヶ月間毎日
12:20~12:30の間に行われてきます。


あなたは、この指示どおりに証券会社に注文を出すのみ。
難しいテクニカル分析やリスク管理はプロにお任せ。
7万2千円+から投資が始められます。

本商品は、限定200名のみへの販売です。

現在、豪華3大特典をプレゼントしております。

1)後藤先生の個別コンサルティングの権利
2)数十万円のセミナー参加者特典の特別なセミナーに優先的に参加できる権利
3)ヒルトンホテルで行われた投資セミナーDVD(1万円相当)


こちら←をクリックしていただければ、

・何故日経225ミニなのか
・何故儲けることができるのか
・どのくらい儲けることができるのか
・リスクはなにか
・あなたが実行する作業は何か

がお分かりになります。

なお、実際の取引方法などは購入後に送られてきますDVDを見て頂けますと
詳細な説明がありますので安心です。

また、3ヶ月以上続けて情報を受信したい人への格安サービスもオプション
としてあります。


私も個別株の運用で1000万円以上の利益を上げてた経験を持っておりますが、
それは好景気に押された時期での取引で、言いかえれば誰でも資金と勇気さえ
もっていれば達成できたと言っても過言ではありません。

しかし、流動性が少ない個別銘柄の売買には、どうしても大きなリスクが存在します。
今回のサブプライム問題に端を発した株の世界的な株の暴落は、信用取引のみでは
リスク回避が不可能な事態になってしまい、大勢の投資家が資産を無くす結果に
なってしまっております。

その点、日経225ミニであれば、少ない資金で投資が開始でき、しかも勝率7
割以上のシステムトレード情報が得られる訳ですから、株の知識がまったくない
人でも利益をあげることができてしまうわけです。


帝王投資の詳細は、>> こちら <<をクリック。


私のような10年の経験者であっても、こちらの投資方法に大きな魅力を感じ、早速
実践に移すことにしました。
まだ、1ヶ月の実績ですが、ほぼ7割の実績がでております。


あなたが先ずやらなければならない事は、

①日経225ミニを取り扱っており、インターネット取引ができ、実績がある証券会社
 との契約【W指値注文ができる証券会社:商材に記載があります。】
②上記②の口座への最低10万円の資金(証拠金)の振込み
③このプログラムへの登録とASPへの費用の振込み



注:後藤寛

オレオーラ株式会社 代表取締役社長

立命館大学を卒業後、オリエントリース株式会社(現オリックス)入社。
大阪営業部を皮切りに国内営業部門を転々とし、四谷支店次長、熊本支店長、名古屋支店次長を経て2006年1月退社。
オリックス時代の得意分野は企業の財務対策。在職中にうつ病を患うが、株式投資法の開発とその著書執筆を通じて、社会復帰を果たす。

ベストセラー「卒サラ!株で6ヶ月で年収分を稼ぐ必勝法」著者であり、現役の個人投資家。
日本株はもちろんのこと、外国株や日経225相場等をズバリと切っていくテクニカルシステム投資法は、実証に裏打ちされた説得性溢れる理論とし て、『株式投資界の新星』と高い注目を浴びている。また、ブログで公開している投資実績は、2005年が投資資金「4.4倍増」、2006年が「7.9倍 増」と、相場環境に左右されない卓越した投資法は、『理論・実績』共に他の追随を許さず進化中。




【発売者:アクロサーブ


サイト運営者


【日経225ミニ先物投資のリスク、および留意事項について】
※日経225ミニ先物投資は日経225ミニレートの変動によりお客様が損失を被る
 リスクがあります。投資元本が保証されるものではありません。
※預託する証拠金額に比べて大きな金額の日経225ミニ指数の取引ができるため、
 マーケットの変動率に比べて、投資元本の損益変動率が大きくなります。
 また状況によっては、損失が預託した証拠金額を上回る危険性があります。



©2008 All Right Reserved  Home  ネットSHOP ULTRANET








[ 2008/03/20 08:40 ] 日経225ミニ | トラックバック(-) | コメント(-)

株 買い方 

株 買い方


株の買い方について、まずはじめにやらなくてはいけないことは、証券会社を選ぶことです。

その時、手数料や、サービス内容、取り扱っている投資商品などを必ず確認し、検討してから自分の投資の方法にあった証券会社を選ぶようにしましょう。

株式投資には方法がいくつかあり、通常の株式投資の他に、株式ミニ投資、デイトレードなどによって、証券会社の選び方が異なってくるのです。


株式ミニ投資を扱っていない証券会社もありますし、デイトレードのような一日何度も投資をする方法には通常の手数料だと損をしてしまうのです。

ですから自分のあった証券会社選びはとても重要なのです。

証券会社が決まったら、次は口座開設をしなければいけません。

開設した口座に取引の資金を振り込むのです。

株の買い注文をするためには、株の買い方の基本は業績の良い企業を選定することです。

銘柄選定において、成長性と安定性を基準に選定していく事が重要です。


証券会社の株価情報や新聞などを参考に買いたい株式銘柄を決めます。

証券会社に資金を入金していれば、いつでも株取引をすることが可能です。

オンライントレードの場合は、各証券会社のホームページにログインし、画面の指示に従って銘柄、株価、株数などを入力します(どの証券会社も操作方法は変わりません)

取引値はリアルタイムで変動するので、証券会社のページ上でチェックして下さい。



記事が参考になったらblogranking←をひと押しお願いします。 m(_ _)m



[ 2008/03/17 10:18 ] 株 買い方 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミニ 株 株式投資 

ミニ 株 株式投資


『株式ミニ投資とは』通常の売買単位の10分の1で取引できる制度の事です。

通常の株式投資の場合、ある程度まとまった資金がなければはじめる事ができません。

資金が手元にない方や、株初心者の方は通常の株式投資には手が出しにくいはずです。


しかし、ミニ株投資は少ない資金で始められることや、分散投資ができてリスクが軽減されること、
多い証券会社によっては、2000以上のミニ株銘柄を取り扱っていて、ほとんどの企業からミニ株を購入することができることなどのメリットがあります。


分散投資でリスクを軽減させることとは、株には『単元』というものがあり(売買の最低株数のこと)
ほとんどの銘柄は100株単位から1000株単位です。


1株500円の株があったとします。

単元が1000株としたら、50万の資金が必要になります。

ミニ株投資なら10分の1の投資になりますから、100株で資金は5万円です。

50万を1つの銘柄で購入するよりも、銘柄を分けて投資する方が、リスクを分散、軽減させることができるのです。


ミニ株投資にもデメリットの部分があります。

『指値注文』ができないことです。

売買価格の指定ができないので、注文した翌日の初めについた株価で取引する事になります。

またインターネット上で『ミニ株』を取り扱っている証券会社は限られてしましますので、証券会社を選ぶ時に調べておく必要があります。



記事が参考になったらblogranking←をひと押しお願いします。 m(_ _)m


[ 2008/03/17 10:16 ] ミニ 株 株式投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

株 手数料 

株 手数料


株式投資は証券会社を通して行うので『株式売買委託手数料』を必要とします。

株を購入する時は、株式売買委託手数料と消費税5%がかかります。

また株を購入したら、必ず売らなくてはいけないので、かかる手数料は往復分となっています。


『株式売買委託手数料』とは売買代金×手数料率(売買代金や証券会社によって異なります)
のことを指します。

証券会社によって価格が違うのは、1999年に手数料の自由化をしたからです。

同じ証券会社でもインターネットの取引かどうかで手数料が違う場合があります。

『口座管理料』が必要になる証券会社もありますが、今ではほとんどの証券会社の口座管理料は無料となってます。


証券会社によって異なりますが、『手数料設定』というものがあり、大きく分けると一日いくらという定額のプラン、一回の約定に対しいくらというプランの二通りです。

デイトレードのような一日の売買回数が多いと手数料も比例してかかってくるので、定額プランが向いています。

手数料も証券会社を選ぶ、大切な選択要素ではありますが、それだけを基準に選ぶよりも、情報サービスやサポート面も考慮しなければいけません。




[ 2008/03/17 10:12 ] 株 手数料 | トラックバック(-) | コメント(-)
ピタットマッチ
PR

   ↑↑↑クリック
株式取引なら情報が豊富なイートレード証券へ
最新ニュース、四季報、各種チャートが利用できます。

WAK2MAIL
Otock!!クーポン